女性もなる薄毛

女性が薄毛になる色々な要因

ここ数年の傾向として、20代から30代の若い女性でも薄毛に悩む方が増えています。女性の薄毛には、さまざまな原因が考えられます。その中でも、もっとも多い原因が「びまん性脱毛症」と呼ばれるものです。これは、薄毛の症状が全身に広範囲に広がっている状態のことです。髪の毛が、全体的に細くなったり、ボリュームが減るのが特徴です。この原因は、主に加齢や仕事などのストレス、ダイエットによるホルモン分泌の異常です。 その他の女性が薄毛になる原因は、分娩後脱毛症があります。これは、出産後、ストレスやホルモンの乱れで一時的に髪が抜ける症状です。この場合は、たいてい産後半年程度で回復してくれます。 最後は、牽引性脱毛症といわれるものです。これは、髪の長い人に多い脱毛症のことです。ポニーテールなど髪が引っ張られる髪型にすることで発症します。いずれの原因にしても、早期に対策を施す必要があります。

髪の毛の脱毛の有効的な対策

女性の薄毛の効果的な対策は、早期に専門病院で診てもらうことです。そもそも女性の薄毛の原因は、多岐にわたっています。そのため、医療機関ではっきりと原因を把握した上で治療することで高い効果が期待できます。 専門の病院では、まず医師が問診をして血圧測定と血液検査をします。この検査結果を見て、患者に合った薄毛対策の内服薬と外用薬を処方してくれます。外用薬では、発毛効果があるとされる薬を頭皮に塗布することになります。これは、風呂上りの清潔な状態で塗布しなければいけません。 その後も、基本的に1ヶ月に1回通院して、頭皮の状態や発毛効果を確認しながら治療をしてくてます。ほとんどのケースでは、遅くとも6ヶ月で発毛の兆候が見られるといわれています。病院での治療は、薄毛治療には有効な対策といえます。