出産で薄毛になる?

産後に薄毛になってしまう原因とは

女性にとって、子どもを産むことは命をかけた人生最大の出来事です。その出産後には、実は薄毛になりやすいといわれています。薄毛がひどい場合、抜けた髪の毛で風呂場の排水溝が詰まってしまう方もいらっしゃいます。 そもそも出産後の薄毛の一番の原因は、女性ホルモンの乱れによるものです。女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があります。通常は、2つのホルモンが交互にバランスよく働いています。しかし、妊娠中は、黄体ホルモンのみが優位に働いている状態となります。出産が終わると元に戻るのですが、卵胞ホルモンの増加が急激に起こります。このため、ホルモンバランスが乱れやすく薄毛になります。 その他の、薄毛の原因は産後のストレスによるものです。出産後は、授乳や夜泣きなどで大きなストレスとなります。それで、薄毛を発症させてしまいます。

有効だとされる対策方法とは

産後の薄毛の対策としては、色々な方法があります。たとえば、食事などで大豆製品を多く摂取するようにすることです。大豆食品とは、豆腐や納豆、豆乳、厚揚げなどです。これらは、スーパーで手軽に購入できるものばかりです。そもそも大豆製品には、ホルモンバランスを良くしてくれるイソフラボンが多く含まれています。なので、薄毛対策に効果が期待できます。 その他の対策は、自分なりのストレス解消方法を見つけることです。産後は赤ちゃん中心の生活なので、どうしても自分のケアに疎かになりがちです。自分のことを顧みないと、心身ともに疲れ果ててしまいます。ですから、好きな物を食べたり、趣味に没頭したりストレス解消法を見つけると効果的です。上記の対策を参考にすれば、薄毛に悩む必要がありません。