暑い季節はなりやすい

夏に薄毛になりやすい理由

暑い夏の時期には、女性も男性も薄毛になりやすいと言われています。というのも、太陽からの紫外線のダメージを髪の毛や頭皮に受けやすいからです。 紫外線が頭皮にあたると、紫外線からのダメージから守るために頭皮がつっぱって硬くなります。その状態が長く続くと、頭皮の血行が悪くなって髪の発毛に必要な栄養が届きません。そのため、髪の毛が弱くなって抜けやすくなります。 また、頭皮が紫外線にダメージを受けると、頭皮を守ってくれている皮脂が酸化してしまいます。その酸化した皮脂は、毛穴で炎症を起こすようになります。このため、皮脂の過剰分泌を促すことで、毛穴に大量に皮脂が詰まってしまいます。その結果、発毛に良くない環境になってしまいます。上記のことから、夏の紫外線は薄毛を加速してしまいます。

効果的だとされる対策とは

夏の紫外線による薄毛対策のためには、いくつかの方法があります。まず一つ目の有効な対策は、薄毛用のシャンプーで頭皮を丁寧にマッサージしていくことです。マッサージすることで、紫外線で硬くなった頭皮が柔らかくなります。その結果、髪の毛が生えやすい環境に整えられます。 その他の効果的な対策は、食事でたんぱく質とビタミン類を積極的にとることです。 そもそも髪の成分は、タンパク質から作られています。よって、食事で肉、魚、卵などをバランスよく食べる事が大事です。その他にも、ビタミン類は頭皮の血行を促す作用もあります。なので、緑黄色野菜、果物などをたくさん取ると良いです。 髪はひどいダメージを受けてからケアしても、元通りにはなりません。なので、毎日地道に対策をすることが大事です。